ラグビーWCを見ていて思った事

南アフリカの優勝で幕を閉じましたねぇ~。

僕はサッカーを小・中・高とやってたので、サッカーに関しては、ある程度の事は知ってますが、ラグビーに関しては、全くと言っていいほどのド素人…。

でも、今回のラグビー・ワールドカップ・フランス大会を見ていたら、ある程度のルールや戦術を少しだけ理解出来るようになってきました。…(^^;)

そんな僕がラグビーを見ていて「良いなぁ~」って感じた事があります。

どのスポーツにもルールがあるのは当然なんだけども、ラグビーには他のスポーツ以上に秩序というか、しっかりした規律が存在してるなぁ~って感じたんです。

あれだけの体格の人が、ぶつかり合う訳だからルールを無視すると、大ケガ…もしくは命を落とす可能性も多々あると思うんですね!…でも、そこはシッカリと感情を抑えてルールに従うという場面を、よく見るんですよね!

スポーツで感情を爆発させるのはアリだと思うんですが、でも…怒りとか、ルールを超えたネガティブな感情を表に出す事を極力抑えている。…そこが素晴らしいなって思うんです。

まぁ~…そうは言っても、裏や陰では、ちょこまかと小競り合いはあるとは思うんです。…思うんですが、感情にまかせて相手にわざとケガをさせるようなプレーをしたり…、いわゆるスポーツマンシップを無視した行為は、観戦している僕たちも見ていて嫌になるんですよねぇ~。

それが、ラグビーには少ないなって感じたんです。

まぁ~引き合いに出すのは、どうかな?って自分自身、思うんですが…(^^;)

僕の好きなサッカーで言えば…

先日のサッカー・アジア大会での、日本vs北朝鮮の試合…、北朝鮮のラフプレーは酷かったし、スタッフへの威嚇やら、試合後に審判へも威嚇してましたよね!…あれは感情を表に出しすぎというか、今の北朝鮮のチームには秩序も規律も無いんだなって思いましたねぇ~。北朝鮮の選手はサッカーは上手いのにね…、残念だな。お国柄…というか、彼らからすれば「そんな悠長な事を言ってる余裕は無いんだ!勝つか負けるかなんだ!」っていう感じなんだろうけど、それじゃあスポーツとしては成り立たないよね…。

あと一つ、思い出す事と言えば…

2004年だったかねぇ~、中国の重慶であった…、あれもサッカー・アジア大会だったかな…、日本の国歌斉唱の時にスタジアムの観客がブーイングしたんですよねぇ~。あれは衝撃的だったなぁ~。確かに重慶は反日感情が高い地域なんだけど、あの時、まだこの国はスポーツを楽しむというレベルじゃないんだなって思ったんです。…今の中国は、もうあんな事は無いでしょうが、当時はショックでしたねぇ~。

諸説あると思うんですが、ラグビーって…確か、サッカーをやってた人が「なぜ足だけしか使えないんだ!?手を使ってもいいじゃないか!!」とボールを持って走り出したのが起源だと聞いた事があります。

サッカーでは、ラフプレーで、ボールではなく、わざと足を蹴ったり、感情をあらわにして怒るシーンがよくありますが、サッカーから派生したラグビーは秩序や規律で、そこの所を改善しようとしている…。そんな感じなのかな?

ラグビーって観ていて、気持がいいんですよねぇ~。

だからこそなのか…

ユーミンの『ノーサイド♪』…の歌詞が頭をよぎります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です